ハンドルカバーは神だ



バイクの防寒対策にハンドルカバーを買いました。
電熱グローブやグリップヒーターがいいんでしょうけど、
配線が煩わしそうなのとそうでなくても出費多端。
まずは安価なハンドルカバーを試してみます。









20231202-161346-0.jpg

海岸ポタから戻って、着替えもせずに取り付けてみた。

思ったよりもデカい。
ハンドルカバーの一番のデメリットはその見た目、ダサいのは間違いない。









20231202-161355-0.jpg

でも、もともとナックルガードが付いてるVスト250SX。
前から見れば多少はみ出してるけど、それほど違和感もない。









20231202-161349-0.jpg

遠くへ行くための旅バイクですからね。









20231202-162110-0.jpg

給油ついでに20キロほど走ってみたけど、全く冷たくなかった。
夏のメッシュグローブ1枚だったんだけどね。
まぁ横から見ると確かにデカいけど、誰が見るわけでもないし実用第一です。









20231202-161357-0.jpg

心配していた両手の出し入れやウインカーの操作も、すぐに慣れました。
慣れるまでに3回ほどクラクションを鳴らしてしまったけど。(-_-;)

もう1点よかったのが手首の保護。
冬用のグローブをして厚手の上着を着ていても手首のところに風が入ってきて寒かった。
それが手首ごとすっぽり入るんでとにかく極楽です。

このカバー、1,755円。
1,755円でこの幸せは神だ。(と若者ぶってみる。)

神はこのほかにもいて、
2年前に買って一度も履いたことがなかったタイチの冬用ブーツ。
履いてみるともちろん寒くないしシフトチェンジもスムーズ。
メーカー品ってこういうことかと実感した。
それからワークマンの防寒防風の上下に、フルフェイスもどきになるチンガード。
これらすべてを装備すると、上から下まで寒くない。
寒くないことがこれほど快適とは。
雪が降るほどになればこれで凌げるかわからないけど、
雪が降るときはまず乗らないから。

ちなみに今回給油時の燃費は43.6km/ℓ、累計でも43.1km/ℓ
なんだかんだ言っても、燃費が一番の神かも(笑)。









20231205-160034-0.jpg

さて、12月の石木川カレンダー。

二ホンウナギ、カワムツ、ギンブナ、ムギツク、シマヨシノボリ、
ドジョウ、ヤマトシマドジョウ、カマツカ、ドンコ。
石木川の魚たちでしょう。

石木川までバイクで行った話はまた今度。




にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.