なにかしら鼻につく“もの言い”など。



夕食前のウォーキング。
それほど撮るものもないだろうとは思いながらもカメラを提げて。









20230821-175726-0.jpg

堤防の上に上がっても霞んでるんじゃ雲仙は見えない。










20230821-175827-0.jpg

特に撮るものもない暑いだけの散歩。
でも汗をかくのが目的だからそれで充分。










20230821-180022-0.jpg

あれ、このボート。
堤防の上にあって台風に飛ぶんじゃないかと心配してたあのボート。
誰かが下したんでしょうね。

歩くにはそう軽くもないカメラを提げながら撮ったのはこれくらい。
まぁそんなときもありますよ。









20230821-200714-0.jpg

パソコン机の次は椅子ですか。カイン。

さてここからは本当に雑感だ。
どうでもいい戯言だからスルーしてもらって結構だ。

いつもお邪魔しているブログの数日前のお題が言葉遣い。
それにつられて、私も日ごろから鼻についてる「もの言い」について。









20230821-200701-0.jpg

「Win-Winの関係」
いやぁ鼻につくね。ウインウインって音からして下品だ。
どっかにルーズがいるんだよ。じゃないと釣り合わないよ。運動量保存の法則からしてもさ。
自分たちだけよけりゃってのがなにしろ気に入らない。

「一期一会」
それほど大層なことでもないのに、僕も私もと使いたがるから鼻につく。
「このアイスクリームとはこの夏だけの一期一会!」って。ば~か。

「注ぎ足し注ぎ足しの秘伝のたれ・・・」
大晦日に鍋ごとひっくり返して、鍋の縁についたあれこれをたわしで洗い落とせよ。
おんなじ味ができないわけないだろ。正月からまた心機一転だよ。
そんなとこに限って平成から始めた店だったりしてね。
“一子相伝”なんて言い出した時にゃ、もう何をかいわんや。
酒蔵についた酒麴ならいざ知らずもよ。









20230821-200729-0.jpg

まぁあれだ、カイン。

もうすぐ前期高齢者となる者が、
口にはしないがこんなことをぶつぶつと思いながら、
この時期なら台風におびえながら暮らしているわけよ。


そんな高齢者を数十年前に心震わせた、テリー・ファンクが亡くなった。
ファンク兄弟といえば、スピニング・トーホールドさ。
「ファンク一家の伝家の宝刀スピニング・トーホールド」
この場合の“伝家の宝刀”。何ら問題ない。






生きているってなんだろ~ 生きているってな~に



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
関連記事
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

There are no comments yet.
リキ

こんばんは。

思わず笑ってしまいました。
こういう言葉遣いはツッコミどころが満載で,あきませんね~。
みんなで「そうそう!」「いや,それはちがうかも」などとワイワイ語り合うのも楽しそうです。

以前,継ぎ足しの秘伝のたれが,どれくらい元の成分が残っているか計算した番組があって,一年も経たないうちに全部入れ替わるというような結果が出ていました。一年に一度大掃除でちょうどよさそうですね(笑)

さかきん
さかきん

To リキさん

リキさん、おはようございます。

そうですか、1年で入れ替わってますか(笑)。
じゃあ、暮れに洗ってちょうどいいですね。
“たれ”も新しくなって気分一新。
お店もお客さんも「Win-Winの関係」で。って違うか(笑)。

  • 2023/08/27 (Sun) 09:31
  • REPLY