FOSTEX FE108S お疲れ様。



夕方近くに晴れてきました。









IMG_5689-1-1.jpg

梅雨前から咲き出したジュランダ。
咲いては雨と風に落とされ、また咲いて・・・
で、11月ぐらいまで咲き続けてるからね。健気だな。









P7140285-1.jpg

さて、何のつながりもないが、
スーパースワンはやはりCD専用として2階へあげることに。
で、2階の共鳴管をまたリビングへ降ろしました。

降ろしたはいいが、どうも音が割れている。
おまけにスピーカーのターミナルがぐらつくし、音が切れ切れになって接触も悪そうだ。









P7140284-1.jpg

ターミナルを外してみると、案の定、端子のねじは緩んでるし、
ケーブルも外れてはいないが、半田が少なかったのか付きが緩い。

うっ、この共鳴管を作ったのが2008年だから、10年ぶりの半田づけ!
老眼も進んでて、こてを握る手が震えます。









P7140286-1.jpg

久しぶりに半田ごてを握ったし、音も割れてるんで、成り行きでユニットを替えてみましょう。
2年前に勢いでポチってそのままストックしてた Tang Band W4-1337SDF です。









P7140289-1.jpg

ユニットの半田づけはなおさら緊張します。
見た目は悪くても、とにかくくシッカリつけること。+-も間違えないようにね。

ちなみにエンクロージャーへの取付穴ですが、
統一規格があるのか、それともFOSTEXがデファクトスタンダードなのか、全く同じ。何の苦労もありません。









P7140290-1.jpg









P7140291-1.jpg









P7140292-1.jpg

スッキリとなりました。

さっそく、音出しです。
まぁ、予想はしてたけど、取り付けたばかりはひどい音ですね。それでも変える前よりはまだましです。

現在、ネットのJAZZRADIOを流しながら、エイジング中。
随分と落ち着いてきましたよ。









P7140293-1.jpg

取り外した FOSTEX 6N FE108S だけど、

随分と昔、ワタシが高校生の頃から長崎の浜町に「デンキのカホ」という電気店がありまして、
福岡が本社だったと思います。
20歳を過ぎて寄ってみると、この限定品が1セットだけ残ってた。
使うあてもなかったけど、とりあえず買いました。で、ストック。

このFE108Sは、もともとスーパースワンのためのユニットみたいなもんだから、作るならスーパースワン。
30歳を過ぎてから、知り合いの大工さんに切り出し図面を渡して作ってみた。
大工さんもスピーカーの図面なんて初めてだったようで、「これ、なん?」、てなもんです。

スーパースワンをFE108EΣに替えたあとは、共鳴管に取り付けて鳴らしてきたけど、
使いだして30年以上、買ったときからだと40年近いんじゃないかな。

長い間、お疲れさまでした。お世話になりました。
断捨離中ですが、捨てられないなぁ。









P7140288-1.jpg

さて、今日のカイン君。
いつもの食事がささ身風味に変わったとたん、よく食べるようになりまして。
早く出てこないかと、待ってます。




おっ、エイジングも進んできたようだ!(^^)!




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.